自転車・バイクで幸せ一人旅 > 一人旅の知恵袋 > テントについて
スポンサードリンク
« 寝袋について | メイン | 寝る場所について »

テントについて

テントはよく考えて選びましょう。

なにしろ僕は、テント選びに失敗し、身をもって、テントがどれだけ大事かということを思いしらされたからです。


自転車旅行に出かけようと思い立った当時、僕は、テントや寝袋、その他の、旅に役立ちそうな知識は、全くありませんでした(今でも特にないのですが(笑))。
それに、お金もあまりありませんでした。

旅に出ようと思いついたとき、近所にある大きめのスポーツ用品店で、1番安いテント(他と比べても格安!)を買ったのです。
値段は4000円ほどでした。

そのテントは、一人用の小さいドーム型テントで、せまいけど、たたむとコンパクトになるし、そんなに重くもない。
そして、安く買えたというのがかなり大きかったです。
そういう点はとても良かったと思います。

ただ、よくない点も(安いだけあって?)ありました。

<問題点1・杭が刺さらない>

そのテントは、建てはじめに、まずシートを広げ、杭を地面に打ちつけて固定するのですが、付属のトンカチはプラスチック製で、叩いても叩いても軽すぎてこたえないのです。
「どうしよう!?」と、うろたえる僕。
はっ、と思い出したのは、中学校のときに技術の授業で使っていた金槌です。
しまいこんでいたのを引っぱり出してきて、それを使うことにしました。
これで杭をまともに打てるようになりました。

<問題点2・杭が短い>

そのシートに付いている杭は、わずか3〜4cmほどしかないのです。
シートの4隅に付いている金具に、ドームの骨組みとなる2本の棒をはめこんで曲げるのですが、杭が短いのですぐに抜けてしまう。
というよりも、刺さっていないのです。
けっきょく、長い杭を別に用意しました。

<問題点3・防水ではない>

ナマケモノの僕は、
「雨に濡れたテントをたたむのは嫌だな〜、できれば雨の日はテントを建てたくないな〜。」
と思っていて、実際に、雨の日はテントを建てませんでした。
そういうわけで、これはそんなに困らなかったのです。
防水スプレーというものを買って、ふりかけたりしましたし(これは気休め程度でしたが)。

でも、今思うと、運が良かっただけかもしれないですね。
夕方まで晴れていたのに、夜に大雨になる場合もあるかもしれませんし。

<問題点4・網戸が無い>

これが1番困りました。
本当に、もう、まいりました。

テントはチャックで開け閉めして出入りします。
たいていのテントの出入り口は、外側の生地と内側の生地と網戸の3重になっていて、それぞれチャックが付いているものなのです。
モノがいいのには、出入り口の反対側にも、通気口のように網戸がついていたりします。

しかし、僕が購入したテントには、網戸がなかったのです!

くり返します。
空気が出たり入ったりする、網戸がなかったのです!

となると、夜寝るときは、入り口を開け放つか、閉め切るかしかありません。

開け放つと、いろんな虫が入ってきます。
あの大敵「蚊」も入ってきます(泣)。
とても眠れません。
閉め切って眠るしかありません。

テントを閉め切って眠るとどうなるか?

それは、次の日の朝になるとわかります。
嫌でも思い知らされます。

猛烈に暑い!
猛烈に!暑い!…のです!

日の光を浴びたテントの中は、サウナ状態になります。
毎朝、暑さにうなされて目覚めることになります。

起きると体の下に、汗の水たまりができていた事もありました。

朝、汗をダラダラ流しながら、汗で湿った寝袋をちまちまとたたんでなおさなくてはなりません。

いつもいつもこの目覚めだと、正直、嫌になります。
マジです。(笑)


以上が、僕が買ったテントの問題点です。

別に、安いものが悪くて、高いものがいい、と言っているわけではありません。

お金があまりないのであれば、安いものを買うのがいいと思います。
僕も安いテントを買いましたし。(値段が安いのは、やはり魅力です!(笑))

自分の旅がどんな旅になるのか、そして、自分がどんな旅をしたいのかをきちんと検討して、それに合わせて、テントを選ぶようにしてください。


テントを選ぶときは、自分の目で確かめて、慎重になりましょう、ということです。


『テント選びのポイント』
・テントのサイズを確認する。(寝られるか?荷物は置けるか?)
・ 網戸があるかどうか、確認する。重要!
・ 防水であるかどうか確認する。
・ 重さ、たたんだときのサイズを確認する。
・ 自分一人で建てられるかどうか確認する。

最終的には、値段を考えて購入する。


『テントについて』
・ 出発前に、テントを建ててみる(家の庭や、近くの公園など)。テントが一人で建てられないと、話にならない。
・ 付属している杭やハンマーが役につかどうか確認する。役に立たないのであれば、代用品を探しておく。(別売りのものを買う、など)
・ 建てるのにどれくらいの時間がかかるか、知っておく。
・ たたむのにどれくらい時間がかかるか、知っておく。
・ 旅立つ前に、一晩テントで寝てみるのもいいかもしれない。
・ 夜の地面の冷たさを、知っておく。(地面に敷く銀色の断熱シートは絶対必要!)


※ここに書いているのは僕の経験をもとにした個人的な意見です。
判断は自己責任でお願いしますね。(^^)

« 寝袋について | メイン | 寝る場所について »

スポンサードリンク

■サイト案内■
 ・プロフィール
 ・ルール
 ・リンク
 ・相互リンクのお申し込み
 ・Eメール


■自転車九州一周日記■
 ・自転車の旅・準備など
 ・1日目・山口県山口市〜
 ・2日目・福岡県北九州市〜
 ・3日目・大分県別府市〜
 ・4日目・大分県三重町〜
 ・5日目・宮崎県日向市〜
 ・6日目・宮崎県宮崎市〜
 ・7日目・鹿児島県桜島町〜
 ・8日目・鹿児島県加世田市〜
 ・9日目・鹿児島県長島町〜
 ・10日目・長崎県諌早市〜
 ・11日目・佐賀県唐津市〜
 ・12日目・福岡県遠賀町〜
 ・13日目(最終日)


■一人旅の知恵袋■
 ・服装について
 ・靴について
 ・靴下について
 ・てぶくろについて
 ・洗濯について
 ・タオルを首に巻いておく
 ・腕時計について
 ・ウエストポーチについて
 ・寝袋について
 ・テントについて
 ・寝る場所について
 ・睡眠について
 ・マクラについて
 ・ライトについて
 ・携帯電話について
 ・日記について
 ・地図に書き込む
 ・薬について
 ・写真について
 ・喋りかけてくる人たちについて
 ・旅のオキテを作る
 ・旅のオキテ作りのコツ
 ・思い出を崩さずにしまいこむ
 ・旅立つ勇気がわいてくる名言集



■バイク日本一周日記■
 ・日本一周記について
 ・1日目・山口県山口市〜
 ・2日目・島根県湖陵町〜
 ・3日目・兵庫県養父町〜
 ・4日目・福井県三国町〜
 ・5日目・新潟県出雲崎町〜
 ・6日目・秋田県象潟町〜
 ・7日目・北海道函館市〜
 ・8日目・北海道岩内町〜
 ・9日目・北海道滝川市雨竜町〜
 ・10日目・北海道音威子府村〜
 ・11日目・北海道弟子屈町〜
 ・12日目・北海道広尾町〜
 ・13日目・北海道上富良野町〜
 ・14日目・北海道留寿都村〜
 ・15日目・青森県横浜町〜
 ・16日目・宮城県鹿島台町〜
 ・17日目・埼玉県上尾市〜
 ・18日目・埼玉県秩父市〜
 ・19日目・山梨県富士吉田市〜
 ・20日目・静岡県御殿場市〜
 ・21日目・静岡県・富士山〜
 ・22日目・静岡県静岡市〜
 ・23日目・愛知県名古屋市〜
 ・24日目・兵庫県北淡町〜
 ・25日目・高知県安芸市〜
 ・26日目・熊本県高森町〜
 ・27日目・鹿児島県指宿市〜
 ・28日目・鹿児島県根占町〜
 ・29日目・熊本県松橋町〜
 ・30日目・熊本県山鹿市〜
 ・31日目(最終日)


■一人旅を終えて■
 ・一人旅日記・編集後記
 ・金額などの詳細表


■リンク■
 ・健康
 ・筋トレーニング
 ・ダイエット
 ・格闘技
 ・スポーツ
 ・生活
 ・エンターテイメント
 ・栄養
 ・独立起業
 ・学習・能力開発
 ・ショップ


このサイトはYahoo!JAPANカテゴリ登録サイトです。
Yahoo! JAPAN
「登録カテゴリ」
趣味とスポーツ→旅→オートバイ→日本縦断











スポンサードリンク
This website is powered by Movable Type 3.2-ja-2  自転車・バイクで幸せ一人旅〜自転車で九州一周&バイクで日本一周〜  ↑上へ戻る